読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬の北陸で見たもの

私は以前、北陸本線ネタの記事を出しましたが、そこにはない写真を紹介します。

 いずれも2014/12/28撮影です。

f:id:ihvm:20141228081426j:plain

朝日を浴びながら、富山駅に入線するキハ120系。

なんか頼もしい。

f:id:ihvm:20141228090838j:plain

この場所でこの出会いも見られなくなりました。

683系2000番台と4000番台。

つづいて場所が変わって倶利伽羅駅

f:id:ihvm:20141228121917j:plain

f:id:ihvm:20141228121941j:plain

f:id:ihvm:20141228122036j:plain

f:id:ihvm:20141228122023j:plain

この階段の文字、すごくありがたみを感じました。

f:id:ihvm:20141228122933j:plain

電車を待つ雪だるま。

かわいい。

3段なのがチャームポイント。

つづいて石動駅

f:id:ihvm:20141228095150j:plain

奥には新幹線の高架が。

何かもの悲しさを感じました。

つづいて高岡駅

f:id:ihvm:20141228132824j:plain

このキハ40達も北陸本線特急街道を語る生き証人となるのでしょうか。

そして、高岡色も少なくなってきました。

f:id:ihvm:20141228133632j:plain

この異常な数の乗車番号札。

高岡の他に、富山などでも見られました。

つづいて魚津駅

f:id:ihvm:20141228150121j:plain

f:id:ihvm:20141228150836j:plain

f:id:ihvm:20141228161311j:plain

富山駅の時とは対照的に、夕日に照らされるようになってきました。

愛知人の私にとっては、北陸本線の別れを惜しませる一つの演出のように感じました。

f:id:ihvm:20141228151009j:plain

f:id:ihvm:20141228162747j:plain

f:id:ihvm:20141228162930j:plain

f:id:ihvm:20141228161805j:plain

刻一刻と夜が近づきます。

f:id:ihvm:20141228163155j:plain

この列車で冬の北陸とはお別れ。

すごく寂しく感じました。

新幹線が開業するのはいいのですが、北陸本線信越本線を潰すのはちょっと違うのではないかな、そう思いました。

今回はここで終わりです。